• 大口注文
  • ベビーベジタブル
  • グリーンフィールドプロジェクト
  • 小林種苗の商品一覧

商品一覧

花の種・苗

草花種子

営利生産用草花種子

花の種

農薬

農薬

特別価格セール
定番・おすすめ野菜品種
珍しい野菜品種
固定種・在来種
わたし菜園
芝草・緑肥・景観用
大きな野菜
ミニ野菜
健康野菜
中国野菜
大和伝統野菜
ファイトリッチ


会員登録

Amazon Payments

コンビニで後払い

自社製品の強み
メディア実績
携帯サイトはこちらから

サカタ インゲン ケンタッキーワンダー(つるあり)

サカタ インゲン ケンタッキーワンダー(つるあり) サカタ インゲン ケンタッキーワンダー(つるあり)
サカタ インゲン ケンタッキーワンダー(つるあり) サカタ インゲン ケンタッキーワンダー(つるあり)

商品コード : 3853
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 11
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3853

●特長
さやの形から、「ドジョウ」とか「尺五寸」とも呼ばれています。莢は淡緑色、やや厚みのある平莢で、莢面に多少凹凸ができます。スジがなく、かたくなりにくいので、おいしく食べられます。さび病に対して抵抗性があります。

●栽培環境・土づくり
植えつけの2週間前に1崚たり苦土石灰100〜150g、1週間前に完熟堆肥2〜3kg、有機配合肥料80〜100gを施します。うね幅100cm、株間30〜40cmを目安として畑をつくります。

●タネまき・植えつけ
1か所3〜5粒の点まきにします。本葉1〜2枚のころに間引きし、2m程度の支柱を立てます。移植栽培の場合は、晴天で風が弱い日を選び、根鉢と植え穴に十分水やりして、浅植えにします。

●管理のポイント
追肥は収穫はじめから行い、花、莢がついてきたときや、収量が増加したときに遅れないようにします。乾燥時には葉面散布や液肥を与えます。梅雨後の高温、乾燥に備えて敷きワラをします。

●病害虫・生理障害
インゲンだけでなく、エダマメやソラマメなどマメ科作物の連作を避け、日当たりと風通しと水はけをよくし、炭そ病や根腐病などの病害を防ぎます。アブラムシは、葉の生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると防除効果が期待できます。ハダニは乾燥で発生が多くなるので、敷きワラをするなどして畑を乾かさないようにします。

●収穫・保存・利用
莢がふくらみ、長さが15〜20cmになったころが収穫適期です。収穫時に株を傷つけないことが良品多収につながります。盛期には収穫を朝夕2回行います。とり残すと株の負担が大きくなるので、適期に収穫します。タネまき後60日ほどでとれ始め、40〜50日間続きます。収穫したインゲンは、鮮度が低下しないように日陰に置き、ポリフィルムなどで覆って水分の蒸散を防ぎます。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品