• 大口注文
  • ベビーベジタブル
  • グリーンフィールドプロジェクト
  • 小林種苗の商品一覧

商品一覧

花の種・苗

草花種子

営利生産用草花種子

花の種

農薬

農薬

特別価格セール
定番・おすすめ野菜品種
珍しい野菜品種
固定種・在来種
わたし菜園
芝草・緑肥・景観用
大きな野菜
ミニ野菜
健康野菜
中国野菜
大和伝統野菜
ファイトリッチ


会員登録

Amazon Payments

コンビニで後払い

自社製品の強み
メディア実績
携帯サイトはこちらから
〜野崎採種場の品種改良経過〜

野崎白菜 愛知白菜の育成
明治8年に、初めて日本に白菜が導入されましたが、野崎採種場では明治18年頃から栽培改良を開始し、明治の終わり頃には名古屋白菜、山東白菜として、我が国に適する品種を育成しました。これを大正6年に県立農試と協議の上、愛知白菜と命名、又明治の終り頃より、交配により各種の育成に着手、大正の初めから野崎白菜として、各品種を順次発表して全国的に好評を博しました。昭和30年前後からは、一代交配種の時代になり、野崎採種場でも耐病性で作りやすい品種を次々と発表してきました。品質のよい白菜をモットーに、長年の実績と新しい技術をとり入れて、超極早生種から晩生種まで各種をそろえ、皆様から好評をいただいております。

野崎甘藍の育成
明治18年、アーリーサンマー系の夏蒔甘藍を栽培、明治30年にサクセッション及びアーリースプリングを導入、それぞれ選抜改良を加えて、大正5年〜10年にかけて野崎中生甘藍、夏蒔甘藍、早生甘藍、極早生甘藍を育成、全国的に名声を博しました。その後も幾多の交配種を育成発表、品質のよい優良種とし各界より好評を博しております。

野崎花椰菜の育成
明治の末より栽培を始め、大正13年には、野崎早生花椰菜を育成発表、我が国初の馴化品種として全国的に普及されました。以後、需要の増加と相まって、各種の花椰菜を育成、我が国初のF1花やさいの中早生花椰菜を始め、次々と新品種を発表、花椰菜の育成元として、皆様のご期待にそうべく、一層の研究を重ねております。

野崎ブロッコリーの育成
昭和30年頃より栽培育成に着手し、ブロッコリーの需要増加にあわせて、昭和40年代に入り次々と新品種を発表してきました。以来年々改良を加え、野崎のブロッコリーとして各地で好評を得ております。

各種栽培表