2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

小林 CRあじ紅蕪

小林 CRあじ紅蕪 小林 CRあじ紅蕪 小林 CRあじ紅蕪
小林 CRあじ紅蕪 小林 CRあじ紅蕪 小林 CRあじ紅蕪

商品コード : 5-6-11
製造元 : 小林種苗
価格 : 円(税込)
ポイント : 50
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:5-6-11

鮮やかな紅色に覆われた姿はまるで宝石のよう。
例えるなら畑のルビー。
その美しい外見とは裏腹に、白さび病や根こぶ病といった病気にも強い。見た目の美しさもさることながら、中身も大変美味しい蕪である。そのほのかな甘みはまるでフルーツのよう。柔らかい肉質はサラダ、三杯酢、浅漬けなどに最適。実際、漬物にすると、紅色が果実の中身まで浸透し、漬け上がりが大変に美しいとの評判を頂いている。甘味の特に強い中かぶの内に若どりするのが良いが、長く畑においても、多汁質で、スいりはおそく、やわらかさは変わらない。
秋まき50〜55日で根径8センチの中かぶとして収穫できる。以後、日をおくとさらに肥大し10〜12センチの中大かぶとなる。冷涼地では8月上旬〜下旬まき、9月下旬〜11月どりに適し、中間地、暖地では9月上旬〜下旬まき、10月中旬〜12月どりに適する。葉は長さ60センチに伸び、茎は淡い緑でうすく紅色が入り、根部外皮は赤く、内部は白地に少し紅がさす。


栽培のポイント
・肥料は10アール当たりN、P、K各15キロ前後を全量元肥もしくは元肥と追肥にわけて施与する。各地の土壌条件により成分比、成分量は加減する。ホウソ欠予防のため、F.T.Eなどのホウソ入り資材の適量使用が望ましい。

・播種適期より無理な早まきは、葉ばかりできすぎて根が太らず赤色の着色がうすくなりやすい。また葉がちぢむバイラス病にかかりやすい。
適期よりおそくたね蒔きすると生育がにぶく十分に根が太らない。

・土壌の乾きすぎ、特に生育初期の乾燥は根先のとがりや根割れのもとになりやすい。ときどき水をやって極端な乾燥を避けるのがよい。

・根こぶ病にはかなり強い方であるが、菌の種類によっては発病することもある。根こぶ病の発生しやすい田畑では暑い時期の早まきは避け、充分涼しくなった頃にたねまきするとよい。

リーフレットはこちら

カブのまきどき検索
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品