2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

Amazon Payments

コンビニで後払い

自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

小林 耐病しらたま蕪

小林 耐病しらたま蕪 小林 耐病しらたま蕪
小林 耐病しらたま蕪 小林 耐病しらたま蕪

商品コード : 5-6-8
製造元 : 小林種苗
価格 : 円(税込)
ポイント : 43
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:5-6-8

生育が極めて旺盛な品種です。低温期でも、葉伸び、根部の肥大が良好です。草姿立性、葉は幅の広い琵琶型で、毛茸があります。病害虫に強い超耐病性の四季蒔きのできる小〜中蕪です。葉軸がしっかりとして根部とのバランスがとれているので、荷姿が美しく市場性が高いです。根部は、つやのある純白豊円球になります。肉質が緻密で、食味も極上です。首元、尻つまりともに美しくまとまり、揃いが極めて良好です。ス入りや変形、烈根がほとんどなく、つくり易い四季蒔き品種です。

栽培のポイント

・生育旺盛種なので栽培は容易ですが、発芽期から幼苗期にかけて乾燥させないでください。また、間引きを早めに行い、株間を十分に取り、均一に生育させることが大切です。

・株間を十分に取り、均一に生育させることが大切です。なお春蒔きトンネル栽培において、生育前半期は保温につとめ、後半期に入ってから換気により、葉柄生育や根球肥大を図ってください。

・生育旺盛なので、N肥は極力控えめにしてください。夏蒔きでは、10アール当たり窒素肥料5kg程度が良いです。冬どり栽培では、N肥、P肥、K肥それぞれ15kg、苦土石灰100kg程度を標準に、畑の肥沃度によって加減してください。また、低温期栽培では元肥を重点にしてください。

・堆肥は完熟堆肥を早めに施して土になじませるとともに、肥料は元肥主体で播種の1週間前までに苦土石灰と一緒に散布、ロータリーで耕してください。播種後35日ぐらいから小蕪として随時収穫できます。

リーフレットはこちら

カブのまきどき検索
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品