商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal


2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ホウレンソウ クロノス [018987]

サカタ ホウレンソウ クロノス [018987] サカタ ホウレンソウ クロノス [018987]
サカタ ホウレンソウ クロノス [018987] サカタ ホウレンソウ クロノス [018987]

製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 221
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:4-13-26

べと病R1〜7抵抗性。極濃緑、立性、湿害にも強い秋まき用ホウレンソウ


特性

1. 極濃緑、平滑な剣葉で、葉先がとがり、浅く欠刻が入ります。
2. 草姿は立性で、収穫調整しやすいです。
3. 耐寒性が強く、暖地なら無被覆の露地越冬栽培でも良品が収穫できます。
4. 耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくいです。
5. 低温伸長性にもすぐれるため、温暖地や暖地の10月中旬〜12月中旬まき、寒冷地の9月中旬〜10月中旬まきに最も適しています。
6. 生育強健な豊産種であり、非常につくりやすく、初心者からベテランまでの万人向けの品種です。


適応性

土壌適応性は広くしかも耐湿性が強いため、火山灰土から水田裏作まで幅広く栽培することができます。
耐寒性があり、低温伸長性もすぐれているのでとくに低温期には最適の品種です。暖地では無被覆でも十分栽培できますが、温暖地の1〜2月出荷では、パンチフィルムなどでの被覆栽培をおすすめします。
ここ最近温暖化の影響からか、秋口の気温がかなり高くなっています。早くまきすぎると、高温により徒長ぎみになることがあります。播種適期をしっかりと守るようにしてください。
べと病R−7が発生している産地では、「クロノス」の播種適期の前後に当たる初秋および早春まきに「ミストラル」または「ミラージュ」の使用をおすすめします。この2品種は気温が高くても徒長が少なく、比較的じっくりと生育します。これによって初秋から早春にかけての作型を、べと病R−7に強い品種で通すことが可能になります。


土づくりと施肥

完熟堆肥の施用と深耕は、ホウレンソウづくりの基本です。連作障害を回避し、良品多収をめざすためにも、土づくりには普段から心がけてください。最近葉菜類の硝酸態窒素が問題視されているので、窒素肥料の過度の施用は禁物です。「クロノス」はもともと葉色が濃いですので、通常の施肥量でも十分濃くなります。


播種

条間15〜20cm、株間3〜5cmのスジまきとします。水田裏作や排水不良の畑では、高畝にしてください。


病害虫防除

シロオビノメイガ、ハスモンヨトウなどが問題になります。いずれも被害が拡大する前に、早期防除を徹底するようにします。


収穫

暖冬の年は生育が早くなるので、とり遅れのないよう適期収穫を心がけてください。立性の草姿のため、収穫作業性は抜群です。


注意

ここ数年でべと病のレース分化が著しく早まっています。いつ更なる新レースが発生してもおかしくない状況です。抵抗性の品種を使っているからといって決して安心せず、常に圃場を見回るようにしてください。いつでも薬散防除できる準備だけは最低限必要です。



ホウレンソウのまきどき検索
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品