2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録


コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ヒョウタン 天下一 ひょうたん 実咲小袋 [920977] 【新種予約12月中旬頃入荷予定】

サカタ ヒョウタン 天下一 ひょうたん 実咲小袋 [920977] 【新種予約12月中旬頃入荷予定】 サカタ ヒョウタン 天下一 ひょうたん 実咲小袋 [920977] 【新種予約12月中旬頃入荷予定】
サカタ ヒョウタン 天下一 ひょうたん 実咲小袋 [920977] 【新種予約12月中旬頃入荷予定】 サカタ ヒョウタン 天下一 ひょうたん 実咲小袋 [920977] 【新種予約12月中旬頃入荷予定】

製造元 : サカタのタネ
価格 : 216円(税込)
ポイント : 10
数量
 

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:2-7-1

特長
 
日よけ・観賞用のほか、果実を加工して置物やおもちゃにして楽しめます。果実は最大で長さ50cm以上になります。大ものを作るには1株1果とし、果実をネットや台で支えます。
 
栽培環境
 
日当たり、水はけ、風通しのよいところで栽培します。ウリ科作物の連作は避けます。植えつけの2週間以上前に、土壌の酸度調整とカルシウム補給のために、苦土石灰を1崚たり150g程度施しておきます。1週間前までに完熟堆肥約3kgと有機配合肥料100g程度を施します。健康に育てるために、畑は深く耕して、根を大きく張らせます。
 
タネまき〜植えつけ
 
遅霜の心配がなくなってからなら直まきもできますが、一般には育苗をします。発芽適温25〜30℃を確保して、3号(9cm)ポリ鉢にタネを3〜4粒まき、1cm程度覆土します。発芽するまで乾かさないようにします。本葉1〜2枚のころ1本に間引きします。苗全体に光が十分当たるように管理し、本葉4〜5枚になったら、株間約90cmで植えつけます。
 
管理のポイント
 
植えつけは地温が15℃以上になってからにします。早く植える場合は、保温キャップやポリマルチなどをして地温を確保します。植えつけ後、つるが伸びてきたら、下のほうの子づる(側枝)はかきとり、支柱に誘引します。誘引が遅れると、つるが垂れ下がって折れてしまいます。毎日のようにヒモで結束していきます。栽培期間が長いので、株の様子を見ながら追肥をします。確実に果実をつけるには、夕方に開花した際、雄花をとって、雄しべの先を雌花の柱頭につける人工受粉を行います。
 
病害虫・生理障害
 
うどんこ病は、葉にうどん粉をふりかけたような白いカビが生じます。つるを早めに整理して、日当たりと風通しをよくします。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、病害にも強くなります。アブラムシは急速に増加するので早期発見に努め、捕殺するなど早期に防除します。
 
収穫・保存・利用
 
開花後50〜60日を目安に収穫します。収穫の時期が遅れてもまったく問題がないので、あわてて未熟なものを収穫しないようにします。未熟だと皮が薄く、水につけておく際に壊れてしまいます。葉やつるが枯れてから収穫すると安全です。口部にドリルなどで穴をあけ、水に10日くらいつけ、内部を腐らせた後、針金などでタネをとり出します。よく洗って乾かし、酒器や花器などにします。


ヒョウタンのまきどき検索
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品