2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal
自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ナス ごちそうなす

サカタ ナス ごちそうなす サカタ ナス ごちそうなす サカタ ナス ごちそうなす
サカタ ナス ごちそうなす サカタ ナス ごちそうなす サカタ ナス ごちそうなす

ただ今品切れ中の商品です。

商品コード : 1-8-61
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 27
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:1-8-61

特長
 
甘みが強いジューシーな小ナスです。アクが少ないため生食も可能です。ヘタや茎のトゲは一般のナスよりも強いため栽培や収穫の際はご注意ください。
 
栽培環境・土づくり
 
有機質が豊富で日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。ナス科作物のなかでも特に連作に弱く、5年程度は他科の作物で栽培間隔を空けます。植えつけの2週間前までに1崚たり苦土石灰150g、1週間前までに完熟堆肥3kgと有機配合肥料200gを目安に施します。うね間150cm、株間50cmを標準とします。
 
タネまき・植えつけ
 
ナスは嫌光性なので、タネが隠れるように5mmほど覆土し、発芽するまで乾かさないようにします。夜間25℃、昼間30℃を目安として変温させると数日で発芽します。4号(12cm)ポリ鉢に直接4〜5粒まき1本に間引くか、育苗箱に条間8〜9cmでスジまきし、本葉2〜3枚までにポットへ植え替えます。肥料を切らさないように管理し第一花開花程度の苗に仕上げます。低温に弱いので、終霜後、地温15℃程度を目安に植えつけます。ポリマルチを使用し地温の上昇を図ると良いでしょう。長期栽培では畝幅1.8m、株間50〜60cm、短期栽培・更新剪定栽培では畝幅1.2m、株間45〜48cmの1条植えを標準とします。
 
管理のポイント
 
支柱を立て、1番花(最初に咲く花)のついている主枝と、一番花のすぐ下から出ている側枝1本とその上段もしくは下段どちらか強い方の側枝1本を残し他の側枝は切り落として、3本に仕立てます。短期整枝法は3本仕立て後5〜6番花ぐらいまで放任として成長点を増やします。強い枝5〜6本だけ残して主枝とし、他の枝は摘心除去します。側枝は草勢の強弱により1〜2果どりとします。長期整枝法は、3本仕立て後、側枝の花の上1葉を残して摘心→側枝の果実を収穫する際、基部に近い腋芽2芽のうち強い方の腋芽の上で切り戻しを行い、弱い方の腋芽は摘除を繰り返します。梅雨明けの高温乾燥時や果実の肥大期の水不足に注意します。
 
病害虫・生理障害
 
ナスだけでなく、トマト、ピーマン、トウガラシ、ジャガイモなどナス科作物の連作を避けます。梅雨時期の過湿、夏の乾燥や肥料切れに注意して、草勢を弱らせなければ、病気の発生は少なくなります。灰色カビ病やアブラムシ類、ダニ類、アザミウマ類は適切な薬剤で早めに対処します。ヨトウムシやテントウムシダマシは見つけしだい捕殺します。
 
収穫・保存・利用
 
単花は果長10〜12cm、果重は90〜120g程度、房なり花は果長7〜8cm、果重60〜80gの小さめサイズで収穫します。アクが少ないので生食でも楽しめます。追肥は1番果収穫後、7〜10日ごとに液肥を与えます。


ナスのまきどき検索
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品