商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal


2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ シソ 大葉青しそ 実咲小袋 [923084]【新タネ予約 12月中下旬頃入荷予定】

サカタ シソ 大葉青しそ 実咲小袋 [923084]【新タネ予約 12月中下旬頃入荷予定】 サカタ シソ 大葉青しそ 実咲小袋 [923084]【新タネ予約 12月中下旬頃入荷予定】
サカタ シソ 大葉青しそ 実咲小袋 [923084]【新タネ予約 12月中下旬頃入荷予定】 サカタ シソ 大葉青しそ 実咲小袋 [923084]【新タネ予約 12月中下旬頃入荷予定】

製造元 : サカタのタネ
価格 : 216円(税込)
ポイント : 10
数量
 

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:4304

しそ 「大葉青しそ」

香りと彩りを与える和風ハーブ

特長
生育旺盛で作りやすいシソです。栄養豊富で芽ジソ、葉ジソ、穂ジソとして広く用途があります。薬味として上品な芳香を楽しみます。(しそは同種でも季節・栽培環境によって香り・形状が若干違うことがあります。ご了承お願いいたします。)

栽培環境・土づくり
日当たり、水はけ、風通しのよい畑で栽培します。植えつけの2週間以上前に1崚たり苦土石灰80〜100gほど、1週間前までに完熟堆肥約1〜3kgと有機配合肥料40g以上を施します。代表的な短日性植物なので、8〜9月になると花穂が伸びてきます。

タネまき・植えつけ
シソの発芽適温は25〜30℃なので、十分暖かくなってからタネまきします。100cmのベッドに条間30cmのスジまきを標準とします。バラまきもできますが、間引きに手間がかかります。ポット育苗して本葉が4〜5枚になったころに植えつけることもできます。タネを一晩水につけて吸水させてからまくと、発芽がはやまります。好光性種子なので覆土は薄くします。間引きをして本葉が4枚くらいで株間30cm程度の1〜3本立てにします。

管理のポイント
寒い地域や、早まき栽培では、ポットやセルトレイで育苗します。シソは初期生育が遅いので、雑草に負けないように除草・中耕します。密植すると日当たりが悪くなり、徒長して着色も悪くなります。わき芽の伸びが悪くなったり、葉色が薄くなってきたら液肥など速効性肥料で追肥をします。

病害虫・生理障害
病気はほとんど出ませんが、株間を広くとって日当たりと風通しをよくします。ベニフキノメイガは葉を全部食べてしまうので、見つけしだい捕殺します。

収穫・保存・利用
本葉が10枚以上になったら、下のほうから若葉を摘んで利用します。刺身のつま、天ぷら、そうめんや冷やっこの薬味などに利用します。穂ジソは天ぷらや添え物に、シソの実は佃煮などにします。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品