2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal
自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ 葉菜 おかひじき 実咲小袋 [923072]

サカタ 葉菜 おかひじき 実咲小袋 [923072] サカタ 葉菜 おかひじき 実咲小袋 [923072]
サカタ 葉菜 おかひじき 実咲小袋 [923072] サカタ 葉菜 おかひじき 実咲小袋 [923072]

ただ今品切れ中の商品です。

商品コード : 4295
製造元 : サカタのタネ
価格 : 216円(税込)
ポイント : 10
数量
 

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:4295

「おかひじき」

■一般の方向け情報

おひたしや和え物などでどうぞ!

特長
古くから食用にされてきた野草で海岸の砂地に自生しています。生育期間が短く、手軽にどこでも楽しめます。茎の先端の若い多肉質の茎葉を摘んで利用します。

栽培環境・土づくり
短期作物で、根群が比較的貧弱なため、果菜類などの間作に適します。酸性に弱いので、苦土石灰などで酸度調整します。土壌が乾くと茎葉がかたくなるので、完熟堆肥を十分施し、水もちのよい畑にします。タネまきの1か月ほど前に1崚たり苦土石灰100g、2週間ほど前に完熟堆肥1〜3kgと速効性の化成肥料40〜50gを畑に施します。

タネまき・植えつけ
オカヒジキは短命種子で、2年目になるとほとんど発芽しなくなります。発芽適温は20〜25℃ですが、タネを1〜2日間水につけ、乾燥しないように布などで包んで冷蔵庫で低温に数日間あわせると発芽がよくなります。桜が満開のころから、1m幅のベッド(またはプランター)に条間20cmにスジまき、またはバラまきし、順次間引いて株間8cmくらいになるようにします。

管理のポイント
粘土質や酸性の強い畑では発芽や生育が悪くなります。日当たり、水はけ、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。完熟堆肥を十分施します。初期生育が緩慢なので、雑草にまけないように、丁寧に除草します。水分不足になると茎葉がかたくなるので、畑がかわいたら水やりをします。間引きを適期に行います。肥料切れさせないように追肥します。

病害虫・生理障害
病虫害に強い野菜ですが、高温多湿で病害が発生することがあります。高うねにするなど水はけをよくします。密植にならないように間引きをし、風通しをよくします。連作は避けます。アブラムシは、早期発見、早期防除に努めます。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、病虫害にも強くなります。

収穫・保存・利用
タネまき後30日ほどして、本葉7〜8枚、草丈10cm前後を目安として、抜きとるか、刈りとって収穫します。長く収穫する場合は摘芯し、伸びてくる側枝を元のは2〜3枚を残し15cmくらいで摘みとります。沸騰したお湯で1〜2分ゆで、おひたし、あえ物などに利用します。若芽のシャキシャキとした歯ごたえを楽しみます。

■プロの方向け情報

生育期間が短く、手軽にどこでも楽しめ、茎の先端の若い多肉質の茎葉を摘んで利用します。

特性
1・古くから食用にされてきた野草で海岸の砂地に自生しています。
2・生育期間が短く、手軽にどこでも楽しめ、茎の先端の若い多肉質の茎葉を摘んで利用します。

適応性
短期作物で、根群が比較的貧弱なため、果菜類などの間作に適します。酸性に弱いので、苦土石灰などで酸度調整します。土壌が乾くと茎葉がかたくなるので、完熟堆肥を十分施し、水もちのよい畑にします。

播種
タネを1〜2日間水につけ、乾燥しないように布などで包んで冷蔵庫で低温に数日間あわせると発芽がよくなります。桜が満開のころから、1m幅のベッドに条間20cmに条まき、またはバラまきします。

間引き
順次間引いて株間8cmくらいになるようにします。密植にならないように気を付け、通風をよくします。

施肥
播種の1か月ほど前に10a当たり苦土石灰100kg、2週間ほど前に完熟堆肥1000〜3000kgと速効性の化成肥料40〜50kgを畑に施します。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。

病害虫・生理障害
高温多湿で病害が発生することがありますので、高畝にするなど排水をよくします。連作は避けます。アブラムシは、早期発見、早期防除に努めます。

収穫・保存・利用
播種後30日ほどして、本葉7〜8枚、草丈10cm前後を目安として、抜きとるか、刈りとって収穫します。長く収穫する場合は摘芯し、伸びてくる側枝を元のは2〜3枚を残し15cmくらいで摘みとります。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品