2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり)

サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり) サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり) サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり)
サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり) サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり) サカタ エンドウ 絹小町 (つるあり)

商品コード : 3878
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 16
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3878

●特長
生育旺盛で、草丈180〜200cmにも達し、寒さにも強いので収穫期間が長いのが特長です。赤花で、莢の色がよく、とてもおいしいエンドウです。

●栽培環境・土づくり
連作障害に弱い代表的な作物なので、少なくとも3〜4年はエンドウを栽培したことがない畑を選びます。植えつけの2週間前に1崚たり苦土石灰120〜150g、1週間前に完熟堆肥2〜3kg、有機配合肥料80〜100gを施します。

●タネまき・植えつけ
秋まきは本葉が2枚程度の小苗で越冬させるよう遅まきし、株元が凍らないよう防寒します。春まきはできるだけ早くまいたほうが収量が上がります。うね幅200cm、株間30cmを目安とした2条植えでは、1か所4〜6粒まきの4〜5本仕立て、うね幅100cm、株間15〜20cmを目安とする場合は、1〜2本仕立ての密植栽培で増収となります。プランターでは株間25cmくらいで1本立ちにします。移植を嫌うので、育苗する場合は植え傷みしないよう大きめなポットを用い、本葉が2枚になるまでに小苗で植えつけます。

●管理のポイント
つるは中空で折れやすく、傷みやすいので、小さいうちは振り回されないよう、伸びるにつれて垂れ下がらないよう、誘引・支柱立てを入念に行います。生長が早いので、初期から肥料を施して株づくりをすることが重要です。

●病害虫・生理障害
エンドウだけでなく、ソラマメやインゲンなどマメ科作物の連作を避け、日当たり、風通し、水はけをよくし、立枯病やうどんこ病などの病害を防ぎます。アブラムシは、葉の生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると防除効果が期待できます。ハモグリバエ(エカキムシ)の被害葉は摘みとり、持ち出し処分します。

●収穫・保存・利用
子実のふくらみが見られるようになった若莢を収穫します。長さ7.5cm、幅1.4cmくらいが収穫の目安です。指のつま先で摘まみどり、またはハサミを使って切りとります。

■プロの方向け情報

草勢強く、つくりやすい、赤花つるありの早生品種

●特性
1. 生育旺盛でつくりやすく、草丈は180〜200cmの高性種です。耐寒性にすぐれ、うどんこ病に強い絹莢エンドウの早生品種です。
2. 側枝の発生はやや少なめで有効枝が多く、栽培管理がしやすいです。節間は長めで透光性、通風性がよいです。
3. 莢は濃緑でツヤがよく、長さ9cm、幅1.5cm程度のやや大きめで曲がりが少なく秀品率が高いです。
4. 莢の果梗部が長めで莢がよく見えて収穫しやすいです。子実のふくらみが遅いので、若干の収穫遅れでも莢のくずれが少なく、収穫期間の幅が広いです。

●適応性
関東以西の温暖地・暖地の秋まき春〜初夏どり栽培、寒冷地の春まき初夏どり、夏まき秋どり栽培に適します。
土質はとくに選びませんが耕土が深く、有機質に富む、保水性のよい圃場がよいです。エンドウの根は直根性で野菜のなかでも酵素吸収量が高く、短時間の滞水にも弱いので排水対策は十分に行っておきます。連作障害の出る作物なので一度栽培した圃場は4〜5年栽培をさけます。

●圃場の準備と肥料
エンドウの適正pHは6.5前後で比較的高く、酸性土では生育が劣り収量減となります。苦土石灰などでpHを矯正します。完熟堆肥や市販の有機質肥料(バイオエースや骨粉)を施用し地力のある土づくりを心がけます。とくに「バイオエース」は根の成長に効果が高いです。未熟堆肥や乾燥牛糞の施用は病害虫の原因となるので使用しません。
肥料は成分量で10a当たり窒素10〜13kg、リン酸15〜18kg、カリ10〜13kgを標準とします。エンドウはリン酸施用効果が高いので多めに施用します。追肥は開花直前から10日おきに施用し肥切れにならないようにします。
マルチ栽培は土壌水分の安定、雑草防止などに効果が高いです。シルバーストライプ、シルバーマルチを使用します。

●栽植距離
畝幅は直立1条植えで100〜120cm、パイプ支柱利用の2条植えで200〜220cm、株間は秋まきで20〜25cm(1か所3〜4株)、春まきで13〜15cm(1か所2〜3株)を標準とします。

●播種
播種量は10a当たり7〜8リットルです。直まき栽培、育苗栽培ができます。育苗には10cm程度のポットに4粒播種し、徒長しないように管理し本葉3〜4枚時に定植します。ポットの土は無病土(スーパーミックスA)を使用します。春まき栽培では1か月間育苗を基本とし、定植するときの最低気温が4〜5℃となる時期の1か月前には播種します。

●一般管理
間引きは発芽がそろってつるが伸び出す前にナイフで株元から切りとります。春夏まき栽培で2本、秋まき栽培で3〜4本残します。誘引作業はつる性植物のエンドウにとって大切です。地をはわせると腐敗病の原因となりますので生育に合わせた誘引を行います。本支柱は180cm程度とし、網目18cmのキュウリネットを張り、必要に応じてポリ縄で誘引します。幼苗時は仮支柱(短いイボタケや枝つきタケ)でずり落ちないようにします。秋まきでの葉つきササタケは防寒対策としても利用されます

●収穫
莢に粒の形ができる前に収穫します収穫遅れは草勢の負担となり収量減となるので適期収穫を行い、とり忘れ莢は除去します。高温期は涼しいうちに収穫し、予冷庫を利用、風通しのよい涼しい場所で調整し出荷します。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品