2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ エンドウ 赤花つるあり莢エンドウ (実咲小袋) [927278]

サカタ エンドウ 赤花つるあり莢エンドウ (実咲小袋) [927278] サカタ エンドウ 赤花つるあり莢エンドウ (実咲小袋) [927278]
サカタ エンドウ 赤花つるあり莢エンドウ (実咲小袋) [927278] サカタ エンドウ 赤花つるあり莢エンドウ (実咲小袋) [927278]

商品コード : 3868
製造元 : サカタのタネ
価格 : 270円(税込)
ポイント : 13
数量
 

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3868

中莢で曲がり少なく、たくさんとれる
 
●特長
赤花で草丈は150cmくらいになり、茎は太め葉はやや大きいです。寒冷地で春まきの場合には、春まき他品種より2週間程度収穫が遅くなります。中莢で曲がりが少なく、たくさんとれしかも収穫適期の幅も広めです。1莢6〜7粒入りの形良いものが多いです。

●栽培環境
連作障害に弱い代表的な作物なので、少なくとも3〜4年はエンドウを栽培したことがない畑を選びます。タネまきの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰120g程度、1週間ほど前に完熟堆肥2kg、有機配合肥料70gを施します。うね幅90cm、株間25cmを目安として畑をつくります。

●タネまき〜植えつけ
早まきしすぎ、大きく育った状態で越冬すると、寒害にやられるので、地域ごとのタネまき適期を守ります。1か所に4〜5粒点まきし、覆土は2〜3cmにします。本葉2〜3枚までに間引いて2本立ちにします。移植を嫌うので、植え傷みしないように大きめのポットを用い、本葉が2枚くらいになるまでに小苗で植えつけます。プランターは株間25cmに1本立ちにします。

●管理のポイント
つるが伸び始める前に180cm位の支柱を立てるか、ネットを張りテープなどで誘引します。耐寒性、耐病性を強めるように、リンサン、カリに重点をおき、チッソは多すぎないように注意します。多すぎると分枝数も多くなり、収量が少なくなります。莢を次々と収穫するので、最後まで肥料切れしないように追肥します。

●病害虫・生理障害
エンドウだけでなく、ソラマメやインゲンなどマメ科作物の連作を避け、日当たり、風通し、水はけをよくし、立枯病やうどんこ病などの病害を防ぎます。アブラムシは、葉の生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると防除効果が期待できます。ハモグリバエ(エカキムシ)の被害葉は摘みとり、持ち出し処分します。

●収穫・保存・利用
開花後7〜10日後、マメが少しふくらんだころが、収穫適期です。長さ7.5cm、幅1.6cmくらいが収穫の目安です。莢色は鮮緑色でツヤがあるものが良品です。1莢の種子数は6〜7粒で、曲がり莢は少ないです。調理時には、必ずヘタとスジをとってから利用します。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品