2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

Amazon Payments

コンビニで後払い

自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ カブ 玉波

サカタ カブ 玉波 サカタ カブ 玉波 サカタ カブ 玉波
サカタ カブ 玉波 サカタ カブ 玉波 サカタ カブ 玉波

商品コード : 3828
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3828

●特長
小カブから根径12〜13cmの中カブにもなります。暑さ、寒さに強く、春夏秋まきができます。葉は倒れにくく、伸びがよく、やわらかで、球は腰高でよくそろい、ち密な肉質で食味がすぐれます。ウィルスやべと病など耐病性に富む品種です。

●栽培環境・土づくり
地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機質肥料を積極的に施して土づくりをします。植えつけの2週間前に1崚たり苦土石灰100g、有機配合肥料100g(春、夏は少なめに)を目安として施します。完熟堆肥は前作に入れておきます。

●タネまき・植えつけ
条間20〜30cmでスジまきにし、本葉が2〜3枚になったら株間10cm程度に間引きます。次の間引きは、小カブとして間引き収穫するか、中カブどりにするかによって時期が異なります。水やりにむらがあると発芽がしりわず、生育が不ぞろいになります。

●管理のポイント
間引きと同時に中耕と土寄せを行います。中耕と土寄せの目的は、除草、根部に酸素を供給して生長を促すこと、株元を固定して強風によって回されないようにすることなどです。根の肥大期に乾燥させると、裂根の原因になります。栽培期間が短い割には多肥を好むので、間引き後に液肥か化成肥料をうねの両側へ交互に施します。

●病害虫・生理障害
とくに害虫が問題となる高温期は、生育期間が短く、農薬は残留する可能性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などのトンネル被覆を行い、物理的に防除します。農薬を使用する際はラベルをよく読み、間違いのないようにします。

●収穫・保存・利用
夏まきで35日くらい、9月まきで45〜50日で、横径4〜5cmの小カブとして収穫できます。根径12cmくらい、重さ1kg程度の中カブにになってもス入り、変形もなく、裂根も少ない品種です。

■プロの方向け情報
ス入りなく良質多収。小〜中カブどり

●特性
1、ウイルスやべと病など耐病性に富み、栽培のしやすい、小〜中カブ品種です。
2、草姿立性で葉長50cm程度、やや長葉で切れ込み少なく、葉色は鮮緑で、葉面などに毛がなく葉質はやわらかいです。
3、根部は豊円な腰高、横径4〜5cmでまとまりよく、小カブとして収穫できますが、直根は金町系に似てち密でやわらかく、甘みに富んでいます。

●適応性
秋まきは最も栽培しやすく収量も多いです。
盛夏期や春のトンネル栽培では、葉が伸びやすいので、株間はやや広めとします。
関東でも9月末〜10月上旬まきは、直根がやや太いが、小カブとして栽培できます。
温暖地には、小〜中カブどり地帯に向きます。
栽培最適地は適湿があり、排水のよい肥沃な沖積土地帯ですが、堆肥など有機質肥料を施して、よい土づくりを行えば、ほとんどどこでも良品を生産できます。

●播種
播種量は10a当たり7〜8dlです。畝幅130〜150cmの多条まきや、畝幅60〜70cmで、条間10〜15cmの2条まきが普通です。
夏まきや冬まきは乾燥期ですので、降雨後か、十分な灌水を行って播種します。十分な湿りのない場合には、とくに鎮圧をしっかり行って発芽をそろえます。

●間引き
本葉2〜3枚になったら株間10cm程度に間引きます。次の間引きは、小カブとして間引き収穫を行うか、中カブどりにするかによって時期が異なります。

●施肥
10a当たり窒素15kg、リン酸13kg、カリ15kg、苦土石灰100kgを標準として、畑の肥沃度により加減します。また高温期の栽培では施用量を減らし、低温期には増やします。
微量要素欠乏症のでるところでは、元肥施用時に薬剤を施します。
苦土石灰は早めに施用して耕うんしておきます。肥料は元肥主体として、播種の1週間ほど前に全面散布し、ロータリーで耕うんして土とよくなじませておきます。
堆肥はできるだけ前作に十分施しておくか、完熟堆肥を早めに施用します。
小カブの間引き収穫を行い、残りを中カブで収穫するような場合には、小カブ収穫の数日前ごろにかるく追肥を行います。過度の追肥は裂根を起こしやすくなります。

●病害虫防除
カブは純白な玉肌が生命であり、キスジノミハムシの幼虫などに食害されて、商品価値を落とすことが多いから、とくに低温期以外は必ず土壌処理剤の施用を忘れてはいけません。
アブラムシ、アオムシ、コナガ、ヨトウムシなどの害虫やべと病や白斑病などの病気に関しては適切な薬剤を適量散布して予防に努めます。

●収穫
夏まきは播種後35日くらい、9月まきは45〜50日くらいから小カブとして収穫でき、以後逐次中カブとして収穫します。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品