2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ カブ みふね

サカタ カブ みふね サカタ カブ みふね サカタ カブ みふね
サカタ カブ みふね サカタ カブ みふね サカタ カブ みふね

商品コード : 3824
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3824

●特長
病気に強く、玉ぞろいのよい品種です。きれいな白肌で肉質もやわらかく、食味もよいのが特長です。盛夏期を除いて、幅広くつくれます。

●栽培環境
地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機質肥料を積極的に施して土づくりをします。植えつけの2週間前に1崚たり苦土石灰100g、有機配合肥料100g(春、夏は少なめに)を目安として施します。

●タネまき〜植えつけ
条間、株間とも12〜15cmが標準です。高温時は広めにとり、通気をよくすることで徒長や病気を抑えます。深さ1cmくらいで1か所に3〜5粒タネまきします。本葉が3枚くらいになるまでに間引きます。水やりにむらがあると発芽がそろわず生育が不ぞろいになります。直径2cmほどのミニサイズで収穫する場合は株間7cmで栽培します。

●管理のポイント
間引きと同時に中耕と土寄せを行います。中耕と土寄せの目的は、除草、根部に酸素を供給して生長を促すこと、株元を固定して強風によって回されないようにすることなどです。根の肥大期に乾燥させると、裂根の原因になります。

●病害虫・生理障害
とくに害虫が問題となる高温期は、生育期間が短く、農薬は残留する可能性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などのトンネル被覆を行い、物理的に防除します。農薬を使用する際はラベルをよく読み、間違いのないようにします。

●収穫・保存・利用
春・秋まきで50日、冬まきで100日前後が収穫の目安です。また、直径2cmほどのミニサイズでも収穫でき、そのままサラダなどに使えます。

■プロの方向け情報
高品質と耐病性を兼ね備えるおいしい小カブ

●特性
1.生育は早生で秋〜春まきに適します(関東温暖地) 。
2.根部は肥大よく、尻もまとまっています。ひげ根も少ないです。
3.肌は白色でテリがあります。玉ぞろいがよく、肉質はやわらかめで食味はよいです。
4.草姿立性で、葉の大きさは中程度、葉色は濃いです。葉軸は太くしっかりしているので結束しやすいです。
5.白さび病、根こぶ病、萎黄病に対して耐病性をもっています。

●適応性
おもに9月下旬まきから4月まきに適します。10月中旬以降の播種はパンチフィルムを利用したトンネル栽培、11月下旬まきから2月下旬まきまではトンネル栽培もしくはハウスを利用した栽培が望ましいです(基準関東温暖地)。
複数の根こぶ病レースに対し幅広く耐病性を示しますが、近年レース分化が進んでいると報告されているので注意が必要です。発病した場合は抜き取り焼却処分します。すき込むと感染源を増やすことになるのでやめます。

●栽培のポイント
施肥量は元肥中心に10aあたり窒素、リン酸、カリそれぞれ8kgを基準としますが、土質や前作の残効を考慮します。また高温期は5割減、低温期は2割増施肥します。追肥は生育状況に応じて少量施します。また、バイオエースなどの有機質肥料を施用することにより甘み、風味が増します。ただ生育は緩慢になるので、施肥量すべてを変えるのではなく一部を有機質肥料にします。
栽植密度は15×15cmを標準とします。高温期は若干広めにとります。
コナガ、アブラムシなどの防除には透明寒冷紗などのトンネル被覆栽培が効果的です。それでも虫害は完全に防げないのであわせて薬散を行いますが、使用農薬、使用回数などは各JA、各県の農業改良普及員に相談しましょう。
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品