2018年 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal
自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ

サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ
サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ サカタ 大根 夏の守 2018年春品切れ

ただ今品切れ中の商品です。

商品コード : 3791
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:3791

暑さに強い総太大根 夏の守(かみ)
 
●特長
夏の厳しい暑さに強く、萎黄病耐病性で、その他ウイルス病、横縞症等の各種病害に強く、つくりやすいです。曲がりの発生が少ない、肌のきれいな青首ダイコンです。
 
●栽培環境
できるだけ耕土が深く、水はけのよい畑を選びます。タネまき予定の2週間ほど前に1崚たり苦土石灰約100g、完熟堆肥約2kgと有機配合肥料約80gを目安として畑に施し、30cmほどの深さに耕します。未熟な堆肥をタネまき直前に与えると根が変形するので注意します。根をスムーズに伸ばすために、石や雑草の根などをとり除きます。また、水はけの悪い畑を利用する場合は、高うね栽培をおすすめします。
 
●タネまき〜植えつけ
条間45〜60cm、株間20〜30cmを目安として3cmほどの穴をあけ、1か所にタネを3〜5粒ずつまき、厚さ1〜2cmほどに覆土します。間引きは本葉が4〜5枚ごろまでに行い、1本立ちにします。
 
●管理のポイント
間引きの時、軽く耕しながら株元に土寄せし、風で株が回されないようにします。
 
●病害虫・生理障害
アブラナ科作物の連作や窒素過多を避けます。ネキリムシ、コナガ、アブラムシなどの防除を早めに行ないます。本葉1〜2枚のころ、ダイコンシンクイムシ(ハイマダラノメイガ)の防除が大切です。また、アブラムシは葉に群生して生育を阻害し、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。根の表面に小さな病斑ができるのはセンチュウの寄生によるもので、マリーゴールドなどの忌避作物を栽培して防除します。
 
●楽しみ方など
根が地上に抜き上がってきて、タネまき後55日くらいで、長さ35〜37cm、太さ6〜7cm、重さ1kg前後を目安に収穫します。尻づまりのよい円筒形のダイコンになります。比較的温度が高く、太り方が早いので、収穫遅れに注意します。収穫が遅れるとスが入り、品質が落ちるので注意します。
 
■プロの方向け情報
 
夏の厳しい栽培環境に適応性が広く そろいよく肌のきれいな青首ダイコン
 
●特性
1.小葉で立性〜開張の中間くらいのがっちりした草姿。葉の病害に強い。
2.尻つまり・そろいがよく、曲がりの発生が少ない、肌のきれいな青首ダイコン。
3.萎黄病、ウイルス病、横縞症等の各種病害に強い。
4.耐暑性にすぐれ、「献夏青首」より晩抽性である。
 
●適応性
高冷地および冷涼地(北海道基準)7月上旬〜下旬まき、8月下旬〜10月上旬どり、一般地(千葉基準)8月中旬〜9月初旬まき、10月中旬〜11月上旬どり、4月中旬〜5月初旬まき、6月初旬〜中下旬どり、暖地(鹿児島基準)8月下旬〜9月中旬まき、10月中下旬〜11月中下旬どり、4月上旬〜4月中下旬まき、5月中下旬〜6月上旬どりに適します。施肥量について窒素成分を通常の約80%にするとよいでしょう。
一般地・暖地の春まき栽培は、もともとダイコンには難しい作型のため、無理な早まきは抽だい、遅まきは内部障害の可能性があるので注意が必要です。
 
●土づくりと施肥
良質な土壌にするためには、堆肥や緑肥等の施用による土壌の団粒構造化が有効です。「バイオ21®」で発酵させた良質な完熟堆肥や無臭微生物肥料「バイテクバイオエース®」を施用することにより、有効菌による病害の軽減も期待できます。
元肥は控えめに、草勢をおとなしめにつくるのがポイントです。前作にもよりますが、窒素成分で栽培地標準の8割程度を目安にしてください。
 
●播種
栽植密度は、地域や作型によって異なりますが、本品種は比較的密植栽培が可能で、畝間50僉潦間25僂らいが適当です。
 
●生理障害・病害虫防除
夏まきの栽培で一番問題になるのは内部生理障害(赤芯症・黒芯症)です。これはホウ素欠乏の症状で、本品種は比較的強い品種ですが、条件によっては発症する可能性があります。
ホウ素は土壌中ではホウ酸の形で存在し、雨によって流亡しやすいので注意します。また、生育中期〜後期の高温や土壌のアルカリ化が発症を助長させます。マルチを使用するなどして地温を下げる対策をしっかり行うほか、ホウ素資材とともに過リン酸石灰を施用すると効果的という報告があります。
その他病害虫については、必ず生育初期に予防的防除を行うようにします。
 
●収穫
夏まきの栽培は収穫が遅れると病害虫の被害を受ける可能性が高くなります。適期収穫を心がけてください。
 
●その他
一般地・暖地の春まき栽培は、もともとダイコンには難しい作型で無理な早まきは抽だい、遅まきは内部障害の可能性があるので注意が必要です。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品