2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録


コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ブロッコリー おはよう

サカタ ブロッコリー おはよう サカタ ブロッコリー おはよう
サカタ ブロッコリー おはよう サカタ ブロッコリー おはよう

製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 340
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:3584

おはようブロッコリーロゴ

アントシアンフリーで低温伸長性にすぐれる中早生品種
第60回全日本野菜品種審査会1等特別賞受賞
 
●特性
1.播種後95日前後で収穫できる中早生品種。
2.草姿は極立性で草勢やや強い。花蕾位置はやや低い。
3.花蕾は小粒、濃緑色で極ドーム形。花蕾形状の安定性高い。
4.低温時のアントシアン発生がなく、茎の空洞症も少ない。
5.栽培適応性高く、播種期および収穫期幅が広い。
 
●適応性
平坦地夏まき栽培:
一般地では、8月1〜20日ごろ、暖地では8月10〜30日ごろまで播種でき、11〜1月まで収穫可能です。とくに低温期でも花蕾のアントシアンが発生しないので、安心して栽培できます。
 
平坦地春まき栽培:
一般地では、1月25日〜2月25日ごろ、暖地では1月15日〜2月15日ごろまで播種でき、5月いっぱい収穫できます。また定植後の被覆資材を上手に使えば、1月上旬播種し、4月中旬ごろから濃緑花蕾を収穫できます。ただし、早まき育苗における極端な低温と低日照は、ブラインド(芯止まり)を誘発するおそれがあるので、育苗温度と日照を確保するようにします。
 
高・冷涼地栽培:
標高差などを利用して3月中旬〜7月下旬まで播種することができ、6月下旬〜11月中旬ごろまで収穫できます。とくに、キャッツアイの発生が多くなる6月中旬から7月出し、およびアントシアンの発生がきつくなる10月中旬〜11月出しで、最大能力を発揮します。なお、非常に暑さが厳しい8月どりでは、高温障害が発生する場合があるので、慎重に播種期と栽培地域(標高など)を選ぶ必要があります。
 
●作付け計画
適湿・適温条件など栽培条件がよい場合、非常に収穫そろいがよくなるので、計画的な播種(段まき)と植えつけにより、収穫期を分散させます。また秋冬どりの極端な遅まき栽培では、急激な温度低下による収穫期の遅延が見られる場合があるので、それらを考慮して播種計画をします。
 
●畑づくりと施肥設計
根張りをよくするため、排水のよい適度に水分のある畑を選び、良質堆肥を施します。排水がわるい圃場では、排水溝の設置や高畝にするなど排水対策をしっかり行います。総施肥量(元肥と追肥)は、10aあたり成分で窒素20kg、リン酸25kg、カリ20kg程度を標準とします。ただし花蕾品質は施肥技術に影響されるので、土質や栽培時期によって施肥設計を変える必要があります。肥料不足は、十分な株ができず小花蕾や花蕾色の淡緑化をまねき、逆に過剰施肥は、病気の誘発やリーフィ、偏平花蕾などの品質低下につながります。
 
●播種と育苗
夏まき栽培では、通風、日当たりのよい場所を選び、播種後十分灌水し、発芽まで乾燥させないように管理します。春まき栽培では、発芽を均一にするため地温(20〜25℃)を確保します。また極端な低温や低日照によるブラインドを防ぐため、光が確保しやすいハウスなどで育苗し、最低気温5℃以上を確保します。
 
●定植および定植後の管理
栽植密度は、10aあたり約4,000本を標準とするが、栽培時期によって株の大きさが異なるので多少の増減を行います。セル育苗では、株張りをよくするためできるだけ若苗で定植し、定植直後に極端な乾燥が続く場合はスプリンクラーなどで灌水します。また、除草効果と排水対策も兼ねて、活着後雑草が芽生え始めたころにカルチなどで中耕します。
 
●病害虫駆除
黒腐病、黒斑細菌病など、細菌性の病気にはあまり強くないので、予防的防除を徹底します。
 
●収穫
適温、適湿条件では、収穫期が早まり収穫期がそろう傾向にあるので、定期的な圃場巡回を行い計画的に収穫します。また、1月出しのような厳寒期では、花蕾の白けや病害の発生を抑えるため、できるだけ適期収穫に努めます。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品