2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal
自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ 小松菜 いなむら [021310]

サカタ 小松菜 いなむら [021310] サカタ 小松菜 いなむら [021310]
サカタ 小松菜 いなむら [021310] サカタ 小松菜 いなむら [021310]

製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 28
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:3580

濃緑、極立性で作業性抜群!葉枚数の多い高温期向け品種
 
●特性
1. 中晩生品種で生育は緩やかである。
2. 耐暑性、耐寒性にすぐれ周年栽培が可能である。とくに高温期に能力を発揮する。
3. 草姿は極立性で作業性にすぐれる。葉色は濃緑でテリも強い。葉枚数が多く、高温期でも葉柄太く株張りがしっかりとしている。
4. 高温期栽培でも葉が伸びすぎず収穫適期が長く在圃性にすぐれる。
5. 当社のこれまでの品種より細根は多い。水田裏作などに適する。
6. 萎黄病に耐病性をもつ。
 
●適応性
一般平坦地の露地栽培で3月中旬〜9月中旬、冷涼地では3月下旬〜9月上旬播種で栽培できます。ハウスやトンネルを利用することで暮出し出荷まで可能です。耐暑性を生かした高温期の栽培で能力を発揮します。
 
●土づくりと施肥
露地栽培では年間3〜4回、ハウスを使う場合年間5〜7回播種することになります。連作には比較的強いですが、地力の低下は品質低下を引き起こす原因となります。「バイテクバイオエース○R」などの有機質肥料、完熟堆肥の投入、石灰窒素の施用により地力低下を防ぎます。
施肥量は全量元肥で10aあたり窒素成分量で7kg、ハウスでは5kgを標準とします。高温期では5割減、低温期では5割増施肥したほうがよいです。
 
●播種
栽培上、収穫作業が最も労力を要するので、収穫時に無理のない播種体系を心がけます。とくに高温期の栽培は収穫適期が短くなるので注意が必要です。栽植密度は条間15〜20cm、株間3〜5cmとします。高温期は徒長、節間伸長を抑えるため株間を広めにとります。播種後は発芽、生育が均一に進むように十分な灌水をします。
 
●収穫
高温期の収穫遅れには注意します。収穫は子葉と外側の黄化しやすい本葉1〜2枚ほど落とすと日もちがよくなります。なお、収穫時に根部を地中に残すと萎黄病、根こぶ病など土壌病害の原因となるので注意が必要です。
 
●病害虫対策
虫食いあとは商品価値を大きく低下させますが、栽培期間が短く、農薬が残存する可能性があるので使用は控えます。コナガ、アブラムシの防除には、透明寒冷紗などによるトンネル被覆栽培が効果的です。なお、被覆は収穫3〜7日くらい前に除去し最後に株をつくり上げます。ハウスなどでは出入り口にも寒冷紗を張り害虫の侵入を防ぎます。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品