2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ 小松菜 みすぎ

サカタ 小松菜 みすぎ サカタ 小松菜 みすぎ
サカタ 小松菜 みすぎ サカタ 小松菜 みすぎ

商品コード : 3578
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 16
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3578

早どり大葉小松菜
暑さ寒さに強く、生育も早い
 
【家庭菜園向け情報】
●特長
日本で最初のコマツナの一代交配種で、ほぼ周年を通してつくれる早生の多収品種です。ツヤのある緑色、厚みある大葉で、葉軸が太く、そろいがよいのが特長です。
 
●栽培環境
連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。1崚たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kgと有機配合肥料約60g(高温期には少なく、低温期には多めに)を目安として施します。プランターでの栽培も手軽にできます。
 
●タネまき〜植えつけ
条間15〜20cm、株間3〜5cmが標準です。深さ1cmぐらいにスジまきして本葉が2〜3枚のころまでに間引きます。プランターでも同様です。暑い時期は徒長や病気を抑えるため株間を広くとって風通しをよくします。水やりにむらがあると発芽がそろわず、最終的に生育が不ぞろいになります。タネまき後の水やりは十分行います。
 
●管理のポイント
コマツナは暑さ、寒さに強く周年でつくりやすい野菜です。高温期は生育が早いため、一度にタネまきしすぎると収穫しきれなくなるので注意します。冬は寒さに当たりすぎると春にトウ立ちしてするので、トンネル被覆栽培で保温して生育を促します。追肥は必要ありません。
 
●病害虫・生理障害
とくに害虫が問題となる高温期は生育期間が短く農薬は残留する危険性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などによるトンネル被覆栽培で物理的に防ぎます。
 
●収穫・保存・利用
高温期は22〜30日、低温期は40〜60日で草丈が20cm前後になったら収穫します。間引き菜から利用できるので、大きさにこだわらず、使いたいときに随時収穫していきます。その際、根部を地中に残すと、根こぶ病、萎黄病などの土壌病害の原因となるので、畑から持ち出すよう心がけます。おひたしなどに利用します。
 
【農家さん向け情報】
●特性
1.丸葉型黒葉系小松菜として、初期から生育のよい早生の豊産種。
2.周年栽培ができ、高温期では20日程度で収穫できます。冬どり栽培でも伸びがよく耐寒性もあります。
3.葉は大型の丸葉、葉肉が厚いので、日持ちがよい。葉はやや濃緑でてりやつやがよい。
 
●適応性
播種期は露地栽培で3月中旬〜10月下旬。ハウスやトンネル栽培は10月下旬〜3月中旬に随時播種します。
 
●土作り
連作には強い作物ですが、地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、土づくりを心がけます。
 
●肥料
10a当たり苦土石灰100kg、肥料は成分量で窒素20kgリン酸18kg、カリ18kgを標準とします。夏場は生育期間が短いので30%〜50%位減らします。
 
●播種
条間15〜20cm、株間3〜5cmが標準です。深さ1cmぐらいにスジまきして本葉が2〜3枚のころまでに間引きます。プランターでも同様です。暑い時期は徒長や病気を抑えるため株間を広くとって通風をよくします。潅水にむらがあると発芽がそろわず、最終的に生育が不ぞろいになります。播種後の潅水は十分行います。
 
●管理
コマツナは暑さ、寒さに強く周年でつくりやすい野菜です。高温期は生育が早いため、一度に播種しすぎると収穫しきれなくなるので注意します。冬は寒さに当たりすぎると春にトウ立ちしてするので、トンネル被覆栽培で保温して生育を促します。追肥は必要ありません。
 
●病害虫防除
とくに害虫が問題となる高温期は生育期間が短く農薬は残留する危険性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などによるトンネル被覆栽培で物理的に防ぎます。
 
●収穫
高温期は22〜30日、低温期は40〜60日で草丈が20cm前後になったら収穫します。間引き菜から利用できるので、大きさにこだわらず、使いたいときに随時収穫していきます。その際、根部を地中に残すと、根こぶ病、萎黄病などの土壌病害の原因となるので、畑から持ち出すよう心がけます。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品