2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ハクサイ ゆめぶき502

サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502
サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502 サカタ ハクサイ ゆめぶき502

商品コード : 3562
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3562

春白菜
早くとれてやわらかい
 
【家庭菜園向け情報】
●特長
トウ立ちが遅く、春まき可能な晩抽・早生ハクサイです。球長28cm前後、球重3kg前後で、球内は鮮やかに黄色が回ります。根こぶ病耐病性で、ゴマ症や石灰欠乏症などにも強いのが特長です。
 
●栽培環境・土づくり
条間、株間の目安は、2条千鳥植えで100cm幅のうねに60×50cmです。おいしくて、病気の少ない、品質のよいハクサイをつくるのには土づくりが大切です。畑には年に1回は石灰窒素、完熟堆肥を施します。完熟堆肥は植えつける2週間前までには施して土となじませておきます。有機配合肥料を100g/1峪椶靴泙后
 
●タネまき・植えつけ
秋:直まき栽培ではビール瓶の底などで土を押さえ穴をつくり、5〜6粒タネまきして軽く覆土します。本葉2〜3枚のころに3株、6〜7株のころに1株に間引きます。移植栽培では128穴のセルトレーなら本葉2〜3枚のころ、72穴のセルトレーや9cmポットなどでは本葉4〜5枚程度で植えつけます。春:直播すると結球せず花が咲きますので育苗します。72〜128穴のセルトレーで約1ヶ月(日中13℃程度)保温育苗し、定植1週間前くらいから外気に馴らし、本葉7枚程度で植え付けます。
 
●管理のポイント
育苗管理で注意すべき点は潅水です。苗を徒長させない様に夕方セル培養土が渇き気味になるようなるべく午前中に潅水してください。施肥設計で元肥のみで施用する場合と元肥+追肥で施用する場合があります。白菜は定植初期と葉が結球し始めるときに肥料を多く欲しがります。元肥のみの時は即効性と緩効性の肥料を混ぜると効果が持続します。追肥を行う時は定植1週間後と結球初期に施用します。
 
●病害虫・生理障害
水不足は生理障害や不結球の原因になりますので水やりはしっかり行います。ハクサイだけでなくキャベツ、ダイコンなどのアブラナ科作物の連作は避けます。病害虫の発生しやすい高温期の早まきはしません。高うねにして水はけをよくします。病株は抜きとり、他の株への伝染を防ぎます。ヨトウムシやアオムシに食害されるとそこから病原菌が入るので駆除を徹底します。
 
●収穫・保存・利用
春まきで定植後60日、秋まきでタネまき後60〜65日程度で収穫になります。結球頭部を上から手で軽く押さえて、しっかりしまっているようなら収穫の適期です。鍋物、漬物、炒め物などに利用します。
 
【農家さん向け情報】
抽だい遅く、根こぶ病耐病性をもつ黄芯系の早生品種
 
●特性
1. 春まきで定植後60日、秋まきでは播種後65日ほどで収穫できる早生品種です。
2. 外葉は濃緑、立性で頭部はよく抱被します。球形は尻張りのよい円筒形で球長28兪宛紂球重3.0kg前後になります。
3. 晩抽性で結球性も安定しており、幅広い作型で利用できる適応性の広い品種です。
4. 根こぶ病耐病性で、ゴマ症や石灰欠乏症によるチップバーンやアンコなどの生理障害にも強くつくりやすい品種です。
 
●適応性
本品種は寒冷地の3月上旬から4月下旬まき栽培(加温または保温による育苗)で利用できます。温暖地、暖地では、1月から3月上旬播種の加温育苗、トンネル栽培、8月中旬〜9月上旬播種の秋どり栽培で利用できます。
 
●播種・育苗・定植
春まき栽培では、育苗温度13℃以上を目安とし、約1か月保温育苗をします。徒長した苗をつくらないよう本葉4〜5枚時までは灌水を控えめに行います。8月、9月まきの栽培では、本葉2〜3枚時に定植するように心がけます。苗の管理は徒長防止のため高床にします。灌水は天候を見ながらになりますが、過剰な灌水、午後2時以降の灌水も徒長の原因となるのでさけます。老化苗を使うと定植後の活着、生育がわるくなり石灰欠乏症の原因ともなりますので注意します。定植後の極度な低温や乾燥もわき芽発生の原因となるので注意が必要です。
 
●施培管理
定植前に元肥を施用します。窒素成分で15〜18kg/10aが標準となります。有機肥料、微量要素材をあわせて施してください。追肥は窒素成分で2〜3kg/10aで2〜3回に分けて施します。1回目は定植10日後程で株元に施します。2回目は定植20〜30日後ほど(結球始め)で畝間に施し、除草も兼ねて中耕します。
 
●収穫
頭部を押さえてかたくなり中身がある程度しまっていたら収穫です。収穫遅れは、石灰欠乏症や球内の退色によって品質が低下しますので適期収穫を心がけてください。
 
●病虫害防除
暑い時期の育苗ではハイマダラノメイガ(シンクイムシ)、コナガ、ヨトウムシの被害が発生しやすくなります。苗床の入口には寒冷紗などを張って極力害虫の侵入を防ぎます。定植後は、害虫が大きくなり農薬が効きにくくなる前に早めの防除を心がけてください。性フェロモンを利用したフェロモントラップを圃場に設置するのも減農薬につながる技術として有効です。
 
●生理障害対策
石灰欠乏症の生理障害は、圃場に十分な石灰、ホウ素があっても発生します。原因としては、老化苗の定植、過剰な施肥、過湿、結球期の極度な乾燥、気温の変化などで根の働きがこじれ、必要成分を十分吸収できない際に発生します。これにはハクサイの根張りをよくつくることが大切です。圃場へ「バイテクバイオエース」などの有機質肥料や、完熟堆肥を投入し健全な土つくりを心がけることによって、生理障害の発生を軽減させます。また、有機質に富んだ圃場のハクサイは風味がよく、品質の向上にもつながります。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品