2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ ブロッコリー 緑嶺

サカタ ブロッコリー 緑嶺 サカタ ブロッコリー 緑嶺 サカタ ブロッコリー 緑嶺
サカタ ブロッコリー 緑嶺 サカタ ブロッコリー 緑嶺 サカタ ブロッコリー 緑嶺

商品コード : 3557
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3557

おてがるブロッコリー
栽培時期が広く、作りやすい
 
【家庭菜園向け情報】
●特長
夏まき・春まきができ、頂花蕾と側花蕾を収穫できるので、家庭菜園でも定番の品種です。頂花蕾は濃緑色、大きくて形がよく、花蕾粒は小さくよくそろい、品質がすぐれています。
 
●栽培環境・土づくり
植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰100〜150g、1週間ほど前に完熟堆肥2〜3kg、NPKを含む化成肥料100g程度を施し、耕しておきます。水はけが悪いところでは高うねにします。うね間65〜70cm、株間40〜45cm程度を目安にします。
 
●タネまき・植えつけ
128穴のセルトレーに1〜2粒ずつまき、本葉1.5枚のころ1本にします。または、プラントベッドに土と完熟堆肥を等量ずつ混ぜた用土を入れて、6〜12cm間隔のスジまきします。5〜7伉度覆土し、水やりをしてから、発芽適温と水分を保つため、夏場では新聞紙をかけます。発芽したら新聞紙をはずし、子葉が重ならない程度に順次間引きます。本葉1〜2枚になったらポットまたは苗床に植え替えます。本葉が4〜5枚になったら、畑に植えつけます。
 
●管理のポイント
生育を促進するため、植えつけ後すぐに水やりします。また、植えつけ後、10日から2週間して、雑草防除も兼ねて土寄せを行います。追肥は、本葉が10枚のころと花蕾が見え始めるころに行います。側枝を収穫する場合は、頂花蕾を収穫したあと追肥をします。
 
●病害虫・生理障害
育苗床では立枯苗やべと病が、植えつけ後は黒腐病や黒斑病などの細菌病や、根こぶ病などの土壌病害が発生します。殺菌剤などで予防すると同時に、水はけや風通しをよくし、病害の発生を抑えます。生育前期の葉がやわらかいときに、とくに害虫がつきやすいので、早めに発見して、捕殺または殺虫剤を散布します。防虫ネットなどを利用すると、省農薬になります。ヨトウムシ、コナガ、アオムシなどが大敵です。アブラムシも大量発生することがあるので、注意します。タネまき適期より早まきしすぎると、高温障害が発生しやすくなります。また窒素肥料が多すぎると、カルシウム欠乏やホウ素欠乏を招くので注意が必要です。
 
●収穫・保存・利用
植えつけ後75日ほどで直径15cmになり収穫できますが、春〜初夏にかけては花蕾の肥大が早いので、とり遅れないように締まりのよい花蕾を収穫します。品質を保つため、できるだけ涼しい時間帯に収穫し、低温で管理します。栄養価が高く、とくにビタミンCはレモンの2倍です。鮮やかな緑色と独特の風味が好まれます。また抗がん物質も多く、代表的な緑黄色健康野菜として需要が増大しています。温野菜サラダとしてだけでなく、てんぷらや中華料理にもあいます。
 
【農家さん向け情報】
夏まきのほか春まきにも向く中早生品種
 
●特性
1.播種後105日前後で収穫期となる中早生種です。
2.栽培適期の幅が広く、夏まき秋冬どりのほかに、春まきや初夏どりや、寒冷地の夏秋期に収穫する作型にも特性を発揮します。
3.根張りがよいので、乾燥や過湿に耐え、旺盛に生育し、各種土壌に適応します。
4.葉は濃緑で厚くブルームがあり、べと病、黒腐病に強いです。頂花蕾までの高さは40cm程度で、茎が太く倒伏しにくいです。
5.花蕾は形、しまりともによく、大型で、とくに花蕾のくずれが遅いです。
 
●適応性
温暖地の夏まきでは7月中旬〜8月中旬に播種し、10月下旬〜12月下旬に収穫します。春まきでは2月上旬〜下旬に播種し、5月中旬〜6月中旬に収穫します。寒冷地では3月〜4月に播種し、6月中旬〜7月下旬に収穫するものと、6月上旬〜7月下旬に播種して、9月上旬〜11月上旬に収穫する栽培型に適します。
土壌は水田から火山灰土まで各種土壌に適応します。 
 
●播種
通風、日当たりがよい場所を選び、10cm間隔にスジまきします。薄まきをし、ガッチリした苗をつくります。播種後は十分灌水し、寒冷紗などでトンネルをかけて、強い日ざしや雨を和らげます。
 
●育苗
播種後15日前後で本葉が2枚になったころに、12×15cm角に移植します。移植床も寒冷紗のトンネルをかけて、苗が活着するまで保護します。床土は有機質を多く入れ、根群の生育を順調にすると耐暑性、耐病性が増し、良苗を育成できます。
 
●定植
播種後30日〜35日で、本葉5〜6枚の苗を定植します。栽植距離は7月中旬まきなどの早い時期のものは、茎葉が大きくなるので、70×40cm程度が適当で、遅い作型や春まき栽培では比較的小ぶりにできるので60×40cm程度が適当です。
 
●一般管理
定植後は中耕と除草を兼ねて、植えつけ後15〜20日ごろに第1回の追肥を行うと同時に、株元に土寄せを行って、風によって苗がまわされるのを防ぎます。
 
●施肥
堆肥など有機質肥料のほか、苦土石灰10a当たり80〜100kg全面に施して耕耘し、その後植溝を掘って、窒素15kg、リン酸18kg、カリ15kg程度を元肥として施します。後の追肥も入れて10a当たり成分量で窒素23kgです。リン酸18kg、カリ20kg程度が適当です。
 
●病害虫防除
育苗時のおもな病害としては、立枯病やべと病などがあります。無菌の育苗床を使用するとともに、換気を積極的に行い、病気の発生しやすい多湿条件にならないよう管理します。セル育苗におけるトレーにも菌が付着している場合があるので、消毒をしてから使用します。
圃場に定植後の病気としては、雨の多い年や排水のわるい水田では、根こぶ病、黒腐病や細菌性黒斑病などが発生する場合があります。排水をよくするなど耕種的防除のほか、予防を中心とした早め早めの薬剤散布が効果的です。
害虫としては、シンクイムシ、ハスモンヨトウ、コナガ、アブラムシなどがあります。害虫によって発生する時期はほぼ決まっているので、その害虫に合わせた農薬を選択するとともに、アブラムシなど多くの害虫は、葉の裏側や芯の奥深いところにいるので、適切な時期に丁寧に確実にかかるよう散布します。
 
●収穫
本種はしまりのよい豊円な花蕾で、花蕾のくずれも遅いので、収穫が多少遅れても大型になるだけですが、あまり大型で1ケースに4〜5個しか入らないようでは安くなるので、直径12〜13cmの花蕾になったときに収穫します。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品