商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal


2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日


自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ キャベツ 金系201号

サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号
サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号 サカタ キャベツ 金系201号

製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

商品についての問い合わせ

商品番号:3529

おてがるキャベツ
甘い、やわらかい、作りやすい
 
【家庭菜園向け情報】
●特長
秋まき春どりキャベツの代表的な品種でプロの生産者の間でも人気です。球は1.5kg前後、やわらかくておいしいキャベツです。本来は秋まき用ですが、春夏まきしても高品質のものがとれます。
 
●栽培環境・土づくり
植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰約100g、1週間ほど前に完熟堆肥約2kgと有機配合肥料約100gを施します。うね幅60〜70cm、株間35〜40cmを目安に畑をつくります。
 
●タネまき・植えつけ
今までキャベツ類をつくったことのない清潔な土を使用します。128穴のセルトレーに2粒ずつまき、タネが隠れるほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。本葉が3〜4枚になったころ、畑に植えつけます。あるいは、育苗箱に約10cm間隔でタネをスジまきして、タネが隠れるほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりした後、本葉が1.5〜2枚になったころ3〜3.5号(9〜10.5cm)ポリ鉢に植え替え、本葉が5〜7枚になったころに畑に植えつけます。
 
●管理のポイント
植えつけ後、結球が始まるころまでに追肥や中耕、土寄せ、除草を2〜3回行います。追肥はうねの肩に施して、土寄せします。夏の高温乾燥期には、ワラや刈り草を敷いてやると乾燥防止になります。水はけの悪いところでは高うねにして、過湿にならないようにします。秋まきは元肥を半分以下に減らします。
 
●病害虫・生理障害
育苗中はべと病、立枯病に注意し、殺菌剤で予防します。畑ではコナガ、アオムシ、アブラムシなどの害虫を殺虫剤散布により早めに駆除します。
 
●収穫・保存・利用
よくしまって球の表面にツヤが出始めるころが収穫の適期です。大玉にもなりますが、割れたり、品質が悪くなるのでとり遅れないように早めに収穫します。球のつけ根を包丁などで切って収穫します。
 
【農家さん向け情報】
市場性高く、食味よく、春・夏まきにも好成績の秋まき極早生品種
 
●特性
1. 秋まき極早生の主力品種で、草勢強く大球で年内どりとしても品質よく好評です。
2. 球は肥大性すぐれ、年内どりで1.3kg、春どりは1.3〜1.5kgぐらいです。尻腐れ少なく、尻部の穴あきなく、しまりのの偏円球となります。
3. 草勢の強いつくりやすい品種で、水田裏作や、やや重粘な土質でもよい成績を示します。
 
●適応性
・温暖地の4〜5月どり栽培
暖地より温度の低い温暖地では、9月下旬まきの4〜5月どりに適し、暖地に引き続いて良質の新キャベツを出荷できます。
・温暖地の10月中旬〜年内どり栽培
7月下旬〜8月上旬まきの10月下旬〜12月上旬どりに適します。本種は結球後の耐寒性は弱いので、2〜3回強い霜が降ったころにはとり終わるように播種期を決めます。
・暖地の早春どり栽培
暖地では上記の作型に続いて8月中下旬まき―1〜3月どりに適します。
・春まき栽培
温暖地の2〜3月中旬まきの6〜7月どり、寒冷地では4月上旬まき以後の夏〜秋どりに適し高い市場性を得られます。
 
●播種
秋まきでは不時抽だいを防ぐため、越冬時の苗の大きさを本葉14枚(落葉含む)以下で、しかも寒霜害を受けない程度の大きさになるよう、播種期を決めることが大切です。
 
●育苗
いずれの作型においても健苗育成に重点をおき、とくに秋まきでは堆肥などを十分に施し、根張りのよい苗づくりを心がけます。
秋まきで異常に苗の生育が進みすぎると、不時抽だいの危険が大きくなるので、移植またはズラシを行って調節します。反対に生育が遅れた場合には、かるく中耕して速効性肥料を施し生育の促進をはかります。
 
●定植
秋まきでは、播種後45日、春、夏まきでは30日前後で、本葉6〜8枚の苗を定植します。栽植距離は60×40僉10a当たり4,000〜4,500株が標準となります。
 
●肥培管理
秋まきでは結球期の春、暖かくなってから肥効を高めることに重点をおき、春まき、夏まきでは元肥中心に施してください。
 
●病害虫防除
耐病性はかなり強いですが、幼苗期はべと病に注意します。温暖地の夏まきで10月どりの場合、早まきしすぎますと、台風の豪雨により黒腐病のおそれがあるのでむやみに早まきをしないでください。
また4〜5月どりの連作圃場では菌核病の発生が問題になっています。防除のポイントは菌核を畑に残さないことが第一です。また、殺菌剤を使用し予防に努めます。
 
●収穫
品質のよさが本種の一番のセールスポイントなので、適期収穫を心がけます。春まきで高温多雨期の収穫では、過熟になると品質が低下しやすいのでとくに注意してください。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品