2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日


商品一覧
野菜の種・苗
野菜の種・苗
花の種・苗
農薬
資材




会員登録

コンビニで後払い
Amazon Payments

PayPal
自社製品の強み
メディア実績
シーズン外には売らない理由
携帯サイトはこちらから

サカタ キャベツ アーリーボール

サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール
サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール サカタ キャベツ アーリーボール

商品コード : 3528
製造元 : サカタのタネ
価格 : 円(税込)
ポイント : 21
数量
 
内容量

ショッピング・カートに入れる

お気に入りに登録

    

商品についての問い合わせ

商品番号:3528

極早生 サラダキャベツ
やわらかいのでサラダにぴったり
 
【家庭菜園向け情報】
●特長
ボールキャベツの代表種。生育が早くよく太り、病気(萎黄病)に強く、安心してつくれます。球は正円で芯が短く、かたくしまります。食感はやわらかで風味がよく、生食や浅漬けに適しています。
 
●栽培環境・土づくり
植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰約100g、1週間ほど前に完熟堆肥約2kgと有機配合肥料約120gを施します。うね幅60〜70cm、株間30〜40cmを目安に畑をつくります。
 
●タネまき・植えつけ
今までキャベツ類をつくったことのない清潔な土を使用します。128穴のセルトレーに2粒ずつまき、タネが隠れるほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。本葉が3〜4枚になったころ、畑に植えつけます。あるいは、育苗箱に約10cm間隔でタネをスジまきして、タネが隠れるほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりした後、本葉が1.5〜2枚になったころ3〜3.5号(9〜10.5cm)ポリ鉢に植え替え、本葉が4〜5枚になったころに畑に植えつけます。
 
●管理のポイント
植えつけ後、結球が始まるころまでに追肥や中耕、土寄せ、除草を2〜3回行います。追肥はうねの肩に施して、土寄せします。夏の高温乾燥期には、ワラや刈り草を敷いてやると乾燥防止になります。水はけの悪いところでは高うねにして、過湿にならないようにします。
 
●病害虫・生理障害
萎黄病に対して抵抗性があります。育苗中はべと病、立枯病に注意し、殺菌剤で予防します。畑ではコナガ、アオムシ、アブラムシなどの害虫を殺虫剤散布により早めに駆除します。
 
●収穫・保存・利用
植えつけから約60日を目安に収穫します。よくしまって球の表面にツヤが出始めるころが収穫の適期です。表面にヒビが出たり、尻から腐れが入ることがあるので重さ1.2kg程度になったら、とり遅れないように早めに収穫します。球のつけ根を包丁などで切って収穫します。
 
【農家さん向け情報】
しまりよく品質極上、生食に好適の早生、小型丸球、萎黄病抵抗性品種
 
●特性
1. グリーンボール型キャベツで、葉肉やわらかく生食用に適します。尻部まで緑色の強いきれいな球となり、新鮮味にあふれます。
2. 熟期は極早生で(夏まき定植後60日で収穫)草姿はやや開張性、葉色は濃い緑色でツヤがあります。
3. 萎黄病抵抗性で、小型ですが草勢強く栽培しやすいです。
4. 球は正円球で一球重1.2堋度となります。結球は肥大型で、しまりはこのタイプのキャベツの中では非常にすぐれています。芯は球高の1/2程度です。
5. 裂球は一般平玉品種に比べると早いです。
 
●適応性
寒冷地
早生性を生かした早春まき早どり栽培に適します。2〜3月まき、6〜7月どりのトンネル栽培、およびこれに続く3〜7月上旬まき、7月から10月どり露地栽培に適します。8月の最高気温で30℃以上が続く準高冷地では、乾燥が伴うと小球になりやすいですので、盛夏どりはさけたほうがよく、6〜7月、9〜10月どりとします。
温暖地
初夏どりとして1月下旬まき、5月上旬収穫のトンネル栽培から3月上旬まき、7月どり栽培に適します。
また、7月下旬まき、10〜11月どり栽培にも適していますが、極早生品種とはいえ、むやみな遅まきですと低温結球性、耐寒性に劣るので、温暖地では11月下旬まで、暖地で12月上中旬までに収穫することが大切です。
秋まきは抽だいするので栽培できません。
 
●播種・育苗
健苗を育てることが良品多収の第一のポイントです。温床育苗では最低気温を10℃以上に保つようにし、日中は十分換気を行い、徒長しないように注意します。夏まきでは苗の生育はスムーズで葉が開いているので、込み合っていると軟弱な苗になりがちです。風通りをよくしてがっちりした苗をつくってください。
 
●定植圃場
湿害には平球種より弱く、生育が劣り、ひいては結球が不ぞろいになります。また乾燥すると小球になりやすいので、排水、保水のよい肥沃な畑が一番適しています。
 
●定植
極早生品種ですので本葉4枚程度の若苗で、根のまわりの土を落とさないように丁寧に定植し、活着を促進してください。密植向きの品種で、一般には10a当たり5,000〜5,500株程度がよいでしょう。
 
●施肥
初期から肥効を高めた栽培で、結球までに株張りをよくしておくことが大切で、元肥主体に施します。生育期間は短いですので、追肥は生育を見ながら遅れずに施すようにしてください。
 
●病害虫防除
育苗期はべと病に注意し、適宜薬散をします。また肉質やわらかく結球部位が低いことから、多雨期の栽培では過熟で尻腐れが出やすくなります。高畝にして排水、通風をよくすることが大切です。
 
●収穫
結球の進みが早く、したがって老化も早まります。また丸球キャベツは緑の濃い新鮮さと味のよさがポイントですので、早めに収穫することが大切です。収穫期の幅はあまり長くないので、労力にみあった作付計画も大切です。
 
ショッピング・カートに進む


最近チェックした商品